最速最短で学ぶe-ラーニング活用法

e-ラーニングで資格やスキルを勉強するためのブログのアイキャッチ画像 人生戦略概論

こんにちはだいごです。

私がこれまでに 身につけてきた知識やスキルというのはほとんどe-ラーニングを活用してきたものです。例えば、オウンドメディアの運用に必要なHTMLやCSSのプログラミングスキルコピーライティングスキル画像編集ソフトPhotoshop、動画編集ソフトである Adobe Premiere Proの使い方など。しかもこれらの知識やスキルというのは実質1ヶ月ほどで身につけたものですサラリーマンをしながらこれらの知識を身につけることができたので必ずあなたにも必ずできます。

ここでは、社会人・サラリーマンの方、就活までに新しい資格やスキルを身に着けたい方向けにどのようにしてイーラーニングを活用していけばいいかというのを伝えしていきたいと思います。この記事を読むことによって、最速最短であなたが欲しいと思えるスキルを最短最速で習得できるようになります。

 

古典的勉強の罠

勉強すると言った時あなたはどういうことをイメージするでしょうか。勉強は苦手だとか、勉強はしんどいとか、時間がかかる割にあまり前に進めずもどかしいとか楽しいとか色々思うところはあると思います。

現在社会人やサラリーマンをされている方はほとんど紙媒体のテキストや問題集を使って勉強してきたことと思います。机の前に座りテキストを読んでノートを開いてメモを取りながら勉強する。結果、しんどい割に前に進まないし面白くない。これがあなたにとっての勉強に対するイメージではないでしょうか。

それらは全て私たちが学生時代に勉強に対して培ってきたイメージです。

私が思うのは、社会に出てから大事なのは最終学歴ではなく最新学歴だと考えています。常に知識をアップデートし、新たなスキルを身につけるために貪欲に勉強する。そうすることでより生産性はアップし、 任される仕事が増えたり、昇給を伴った転職や独立が可能になるでしょう。

学生時代から思ってきたことなのですが、自分より知識や経験が豊富な年配の方がさらに自己研鑽のために勉強や読書に励んでいる姿を見ると焦燥感を覚えます。普通に考えて追いつけなくないですか?ずるいですよね。

勉強がしんどくて面白くないというイメージを学生時代に植え付けられ嫌煙してしまうのはもうおしまい。e-ラーニングを活用することで楽に最短で一流の人たちと肩を並べられるようになります。

 

イーラーニングのメリット

e-ラーニングを活用するメリットは、基本的に受け身の姿勢で勉強できるため、体力と気力を使わず、気楽に横になりながら自分のペースで勉強できる点にあります。

それに加えて、学校などのように時間的にも肉体的にも拘束されてしまうということがないので、 うまく活用することで、あなたの可処分時間をも増やすことができます。

少ない時間の中、机に向かって自主的にテキストを開いて、マーカーを引いたり解釈するために自分なりに考えたりする時間を短縮できるため、その道のプロの人間から一流の知識を直接学び取ることができるのが最大のポイントです。

したがって、自分で勉強して0から1を身につけしんどい経験するよりも、圧倒的に効率よく新たな知識やスキルをプロレベルで身につけることが可能となります。

最近では、講義動画をアプリにダウンロードして、オフラインで受講することができるようなイーラーニングプラットフォームが増えていますので、あなたが何か身につけたい知識やスキルを見つけた時に、まずは紙媒体のテキストや資格予備校を探すのではなく、その道のプロが解説してくれている動画を探すというところから始めましょう。

e-ラーニングツール

e-ラーニングのeというのはelectricの電子のeです。情報技術を活用した勉強方法がe-ラーニングなので、e-ラーニングにはインターネットと、デバイスが必要となります。

しかしおそらく、この記事を読んでいる時点であなたはインターネットに繋がった環境とネット環境にアクセスできるデバイスを持っているはずなので、あなたはいつでもe-ラーニングで知識を習得することが可能な状況にあるといえます。

なのでここではe-ラーニングでより効率的に学ぶためのツールを紹介したいと思います。

Evernote

公式サイト

URL:https://evernote.com/intl/jp/

既にご存知の方も多いかと思いますが、Evernoteというのは最強のメモアプリです。無料のベーシックプランから有料のプレミアムプラン、ビジネスプランとあります。

プランはこちらから確認できます。

https://evernote.com/intl/jp/compare-plans

Evernoteに特筆すべきは検索機能の優秀さです。PDFや画像の中の文字列まで検索してくれるので、私は本の中の気になる記事や新聞、面白いPDFなどをノートに添付して保存してあります。また、ノートをリンクでつなぎ合わせることができるため、自分の脳みそのメモリーではなく、外付けのメモリーとし、知識のデータベースを構築することが可能です。

使用例

例えば、私の趣味である釣りについて釣り統括ノートというノートをはじめに作ります。そしてまた新たに、ブラックバス、シーバス、鯛など個別のノートを作っていき、リンクを作成して釣り統括ノートに貼り付けます。そしてそれらを魚種別という枠でひとくくりにして、また新たに大阪湾、 京都日本海というノートを作って、リンクを作成し釣り統括ノートの中にポイント一覧という枠組みを作ってまとめます。このようにして、自分の頭の中のものをそっくりそのままアウトプットできるのがEvernoteの最大のメリットです。

これを活用して、また新たに知識を身につけて行く時にも、自分の頭の中に覚えるのではなくて、 Evernoteにメモしていくようにすればいいでしょう。参考に私の Evernote の使い方 画像をあげておきます。

e-ラーニングを有効活用する上でのEvernoteの活用例

Twitter

上で挙げたEvernoteは表向きには出さない、また個人的にこれからも活用していく知識を外部メモリーに永続的に保存しておくための方法ですが、短期的には Twitter などでアウトプットをするのも非常に有効です。講義を聴きながら重要なポイントを簡単にアウトプットしていく。そうすることで心理抵抗を減らしながら勉強に励むことができるようになります。娯楽の中に勉強を取り入れてしまいましょう。私の場合大きなカテゴリーの一つとしてのつぶやきを作ってからそれに返信して連結していく形でアウトプットし、後から見返しやすい形にしています。

Geogle ドキュメント

Google ドキュメントの特筆すべきはその優秀な音声認識機能です。実際に私もこの記事は Google ドキュメントの音声認識を利用して書いています。タイピングするよりも5倍は速く生産することができます。出来る限り煩わしいことは避け、今やりたいことに集中したいので新たな技術はどんどん取り入れています。  Google ドキュメントやればパソコンからでも音声を認識してテキスト化してくれます。

その他に Google ドキュメントでは画像やPDFの中の文字を読み込んでテキスト化してくれるという優れた機能があります。 こちらの設定については別の記事を参考にしてください。

 

これらのツールを活用することで、インプットと同時にアウトプットをし、そしてまた自分の脳みそではなく、外部メモリー(Evernote)に保存していきます。そして使う時には Evernote の優秀な検索機能を使って一発で引っ張り出します。この時に検索精度を上げるためノートの中には検索結果が引っかかりやすくするためにキーワードを散りばめておくと良いでしょう。例えば楽天だけではなくてローマ字でのRAKUTEN、市場だけでなくマーケットやMarket等関連キーワードも含めておくといいでしょう。

 

まとめ

以上がe-ラーニングをより効果的に活用する方法です。机に向かわず、好きなところで好きな時間に勉強し、少しでも心理抵抗を下げて勉強を楽しみながら新たな知識を身につけるそしてそれを一生使えるものにしていく最速最短の勉強方法について方法についてご紹介しました。また別の記事ではおすすめの e-ラーニングサイトを紹介していますので、是非こちらも参考にしてみてください。

【必見2019年版】おすすめe-ラーニングサイト5選とチェックしておきたいサイトまとめ

【必見2019年版】おすすめe-ラーニングサイト5選とチェックしておきたいサイトまとめ

 

耳で聴く読書、オーディオブックの活用した読書・勉強方法について書いています。是非ご覧ください。

Audibleを解約した理由とその方法、代替案